アルトラベラーの邦ロック評論記

中学二年ながら音楽趣味では周りと浮いてるアルトラベラーが、好きな邦ロックを評論するだけのブログ。ひとりでも共感してもらえたらそれでいい。好きなバンドはスピッツ、BUMP OF CHICKEN、ずっと真夜中でいいのに、NUMBER GIRL、SUPERCAR等

最近初めて聴いた邦ロックバンドを評論する#2

 

 

↓前回

 

 

全国のスペースシャワーTVを見てるみなさん、あのーライブっていうのはお茶の間でせんべえかじりながら見るようなもんじゃないで。チケット取れなかった可能性とかもあると思うけど死ぬ気で取ってこい。あのー、まだちょっと映してて、あれだから、その、ブラウン管の向こう側で俺ら評価されたくないから、どうもアルトラベラーです。(怒られろ)

今回は、少し前に書いた「最近初めて聴いた邦ロックバンドを評論する」です。

やっぱり気になるバンドは聴くべきですね

※あくまで個人の感想です。せいぜいアンチコメは「耳音痴」ぐらいでお願いします 

 

ACIDMAN

まずは、フェスなどで良く見掛けるACIDMAN。「赤橙」を聴いてみました。

良い曲なのは間違いないのですが、なにかが物足りなかったです。

激しめのバンドが苦手な人はオススメだと思います。

ART-SCHOOL

続いて、最近ライブ活動等が再開されたART-SCHOOL。「Just Kids」を聴いてみました。

スゴい良かった!!鬱ロックとは言われているけど、それがまた切なくて良い!!

今回聴いたJust Kidsは、新曲なのですが、歌詞がとにかく泣けます!!

憂鬱だった月曜 散々だった火曜
勇敢だった水曜 こんがらがった木曜
君と出会った金曜 愛し合った土曜
そして別れた日曜 僕等は繰り返す様

Just kids Just kids Just kids Just kids
Just kids Just kids Just kids 子供みたいに
子供みたいに…

憂鬱だった朝 君を想った夜
誰もいない朝 誰もいない夜
君の名前を呼んだ 声が枯れるまで
そして何度でも 僕等は血を流す様

Just kiss  Just kiss  Just kiss  Just kiss
Just kiss  Just kiss  Just kiss 子供みたいに
子供みたいに 子供みたいに 子供みたいに…

曖昧だった月曜 灰色だった火曜
英雄だった水曜 忘れていった木曜
君と出会った金曜 愛し合った土曜
そして別れた日曜 赤い血を流す様

Just kids Just kids Just kids Just kids
Just kids Just kids Just kids 子供みたいに
子供みたいに 子供みたいに 子供みたいに…
恋人と居た時間の短さを痛感する、なんとも切ない歌詞です

銀杏BOYZ 

続いて、現在は峯田和伸ソロになっている銀杏BOYZ。「漂流教室」を聴いてみました。
GOING STEADYを以前聴いたので、比較的聴きやすかったです。
ただ、ゴイステの方が自分は好きですねぇ。

The Birthday

続いてチバユウスケ率いるThe Birthday。「なぜか今日は」を聴いてみました。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTを以前聴いたので、比較的聴きやすかったです。

なかなか平和が訪れない現代に、この歌詞を歌えたら最高ですよね

シンデレラに羽が生えて 飛び立ってった
クツは忘れっぱなし でも幸せだって
なぜか今日は殺人なんて起こらない気がする
だけど裏側には何かがある気もする でも
なんか今日は でも きっと今日は でも なんか今日は でも きっと今日は

サニーデイ・サービス

続いて2018年にドラムスの丸山さんがこの世を去ってしまってもなお、活動を続けているサニーデイ・サービス。「青春狂走曲」を聴いてみました。

めっちゃカッコいい。曽我部さん天才すぎる

今回聴いた青春狂走曲。曲名通りの爽快感と疾走感があるナンバーです。

今朝の風はなんだかちょっと
冷たく肌に吹いてくるんだ
ぼんやりした頭がすこししゃんとするんだ
憶えてない夢のせいで心が
何メートルか沈み込むんだ
熱い濃いコーヒーを飲みたいんだ
そっちはどうだい うまくやってるかい
こっちはこうさ どうにもならんよ
今んとこはまあ そんな感じなんだ

夏の朝が僕に呼びかける
「調子はどうだい うまくいってるかい」
気分が良くなって外へ飛び出すんだ
愉快な話どこかにないかい?
そんなふうなこと口にしてみれば
街を歩く足どりも軽くなるから不思議さ
そっちはどうだい うまくやってるかい
こっちはこうさ どうにもならんよ
今んとこはまあ そんな感じなんだ

きみに会ったらどんなふうな話をしよう
そんなこと考えると楽しくなるんです

そっちはどうだい うまくやってるかい
こっちはこうさ どうにもならんよ
今んとこはまあ そんな感じなんだ

青春真っ只中の中二にこの曲を聴けて良かった。青春っていうのは邦ロックに限りますね👍

番外編 論理空軍/P-MODEL

別にP-MODELは初めて聴く訳ではないですが、あまりにもヤバかったので紹介。

PV、歌詞がとにかく狂った1曲です。サウンドは意外とカッコいい。

これでもP-MODELにとっては通常営業だから驚きです。

ちなみに、この曲が収録された「音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE~」は、MP3配信を前提としていたらしいです。1999年発売なのに結構先進的。

 

ミンナゴゾンジミネタサン

いかがだったでしょうか。楽しんでいただけたら幸いです。